個人事業主のお金の回収について

サラリーマンなら決まった日に給料が入りますが、個人事業主となると自動的にお金が入ってくるものではありませんから、自分でお金を回収しなくてはなりません。
請求書を出さなくては代金はもらえないのです。
代金は、どのように入金してもらうのか、きちんと指定しておくようにしないと、相手は動いてくれません。

回収の仕方には、現金・小切手・手形を受け取るほかに、金融機関へ振込みをしてもらうという方法があります。
少人数で会社をやっている個人事業主は、金融機関への振込みがベストです。
なぜなら、集金の手間がかからない、原則として領収書が入らないので、手間と収入印紙が節約できる、入金の事実が通帳に記録されるので、不正がおきにくいし事務処理もラクだというメリットがあるからです。

取引先が了承してくれるように、請求書に振込みのお願いと振込み先・口座の名義をきちんと示しておくようにしましょう。
回収のために銀行の振込みにしてもらうのは良いのですが、振込み手数料には気をつけてください。

例えば、同じ銀行同士なら手数料は安くて済みます。
遠方の会社とも取引きすることがある場合には、日本全国支店網のある都市銀行が望ましいでしょう。

次に、今後事業を拡大していくにつれ、資金を融資してもらうことがあるかもしれません。
そのときには、日頃からよく利用している地元の銀行のほうが融資を依頼しやすいでしょう。
いわゆる地方銀行といわれる銀行で、地元では都市銀行よりも支店網や利用度の高い有力銀行です。

これから先、個人事業を営もうとお考えの方は、収入面や金銭周りなど個人事業主として知っておくべき情報を収集しておくといいでしょう。参考資料をひとつご紹介します。【http://freelance-syokushuhyakka.net/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です